小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】

サイトメニュー

施術前後に注意すべきこと

女医

施術前の注意点

ボトックス注射の施術を受ける前日までに、必要な物を準備しておきましょう。美容整形の施術を受ける際には、身分証明書等が必要になってきます。また、施術費用をローンで支払う予定の方は、銀行の通帳やキャッシュカード、印鑑が必要なので忘れないようにしましょう。小顔効果を得るためにボトックス注射の施術を受ける方は、施術後すぐにメイクをすることも可能なので、素顔で帰宅するのが嫌という方はメイク道具を持参してください。また、施術後は顔周りが腫れることがあります。人目が気になる方は、マスクを用意しておくと良いでしょう。施術を受けるのが冬場であれば、大きめのマフラーでフェイスラインを隠すという方法もあります。持ち物以外には、当日の服装も注意が必要です。ボトックス注射の施術で小顔になりたい方は、施術の邪魔にならないよう、なるべく首周りが開いた服を選ぶようにしてください。タートルネックや襟が高いシャツを着用していた場合、施術がしづらくなる場合があります。そうならないように、施術当日の服装にも注意しましょう。持ち物や服装の準備ができたら、コンディションを整えるためにも夜更かしはせず、早めに就寝するようにしましょう。また、飲酒は控え、十分な睡眠をとるように心がけてください。

施術後の注意点

ボトックスの小顔効果を十分に得られるかどうかは、施術後の行動が大きく左右します。施術を受けた後は、なるべく施術箇所を刺激しないように注意が必要です。頬杖をついたり、強いフェイスマッサージをしたりしてしまうと、フェイスラインに凹凸ができることもあります。そのため、頬杖はつかないようにし、フェイスマッサージは施術から1週間程度控えるようにしましょう。ほかにも、ボトックス注射の施術を受けた後はしばらく柔らかい食べ物を食べるようにしてください。固いものを頻繁に食べてしまうと、せっかく抑えた咬筋(こうきん)の働きが活発になってしまい、小顔効果を得られない可能性があります。施術後1ヶ月間は固い食べ物を避けるようにしましょう。ほかにも、ボトックス注射の施術後には注入箇所に痛みや腫れが出ることがあります。熱っぽさを感じるなら、保冷剤などで冷やすようにしてください。痛みや腫れはおよそ1週間で治まるので、あまり気にする必要はありません。内出血が出る場合もありますが、こちらも1週間程度で治まるので、その間はメイクやマスクでカバーすると良いでしょう。ボトックス注射の施術の場合、湯船に浸かるのも激しい運動も当日から可能です。しかし、顔を拭くときや汗を拭き取るときは、強くこすらずに優しく押さえるように拭きましょう。施術後に注意したいことは、とにかく施術箇所に刺激を与えないことです。カウンセリングで医師から詳しい説明がありますので、きちんと守るようにすると、理想の小顔に近づくことができます。

Copyright© 2019 小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】 All Rights Reserved.