小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】

サイトメニュー

特性や効果を知ろう

医者と看護師

ボトックスの特性

そもそもボトックスとは、ボツリヌス菌から毒素を取り除き生成されたタンパク質のことです。ボツリヌス菌から生成されていると聞くと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、毒素はしっかり取り除かれていますし、美容整形で使用されるボトックスは人体に害はありません。ボトックスには筋肉の働きを弱めるという特性があるため、筋肉が原因でエラが張っている場合でも、小顔効果が得られます。施術箇所や得たい効果によって注入量を調整できるので、こうなりたいというイメージに近づけるためには医師の判断が重要です。特に小顔効果を期待してボトックス注射の施術を受けるなら、理想の小顔に近づけるよう、デザイン力の高い医師を探すと良いでしょう。ボトックス注射はメスを使用せず、切開しなくて良い施術ということもあり、多くの女性から支持を得ています。ボトックス注射の施術に興味がある方は、まず美容クリニックのカウンセリングを受けてみることをおすすめします。無料で受けられる美容クリニックがほとんどなので、施術に対する疑問も医師に直接確認することができる良い機会です。

得られる効果

ボトックス注射で得られる効果は小顔効果が有名ですが、そのほかにもいくつかの効果を得ることができます。まずご紹介したいのが、ふくらはぎを細くするという効果です。エラ部分と同じように、ふくらはぎの筋肉に注入することで働きを抑え、細くしていきます。ふくらはぎは筋肉がつきやすいので、特に長期間スポーツをやっていた方や、習慣的にランニングをするという方の中には、なかなかふくらはぎが細くならないという方もいらっしゃるでしょう。そのような方でも、ボトックス注射の施術を受けると憧れの美脚に近づけます。ほかにも、意外なところでボトックス注射にはシワ取りの効果も得ることができます。シワの原因は、多くが乾燥や加齢によってできるものです。しかし、眉間のシワなど、中には筋肉が凝り固まってできるシワも存在します。そのようなシワには、ボトックスが効果的です。また、ボトックス注射は多汗症の改善にも効果を発揮します。筋肉と同様、汗腺の働きを弱める力があるので、手のひらやワキにボトックスを注入することで、汗の量を減らします。多汗症の方は、季節に関係なく汗が気になるというケースが多く見られます。多汗症は、ほかの悩み以上に日常生活に支障が出ることが多いです。電車やバスのつり革を掴んでいるだけで腕まで汗が流れてきたり、子どもと手をつないでいても何回もタオルで汗を拭ったりするというような声もありました。悩みすぎるとストレスになってしまうこともあるので、早めにボトックス注射の施術を受けて改善することをおすすめします。ボトックス注射の施術は様々な効果を得られるので、このような悩みを抱えている方は、一度施術を検討してみてください。コンプレックス解消に大いに役立つ施術です。

Copyright© 2019 小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】 All Rights Reserved.