小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】

サイトメニュー

起こる可能性がある副作用

注射器と女性

どういう副作用がある?

小顔効果を得るためにボトックス注射の施術を受けた方の中には、副作用が現れたというケースもありました。実際、副作用にはどのような症状があるのでしょうか。まず挙げられるのが、表情が動かしにくくなることです。施術前のカウンセリングで、理想の小顔に近づけるよう、医師が適切なボトックスの注入量を判断します。しかし、その量が多くなると、まれに顔の筋肉が動かしにくくなってしまうことがあります。笑顔などの表情を作りにくくなったり、顔が引きつったような感覚が続いたりすることもあります。そのような事態を避けるためには、技術力の高い医師に施術を依頼することが大事です。小顔効果以外にも、シワ取りで施術を受けたときには目元に力が入りにくくなったり、ふくらはぎの施術を受けたときは、力が入らず歩きにくくなったりすることもあります。しかし、このような副作用は1~2週間では治まります。それでも、副作用が出ると不安を感じるかと思うので、施術を受ける美容クリニックや医師を決める際は慎重に選びましょう。
ほかにも、ボトックス注射の施術後に熱が出たり、吐き気をもよおしたりと風邪のような症状が出ることもあります。また、だるさを感じることもありますが、この副作用は一時的なものです。もし症状が出た場合は安静に過ごし、ゆっくり身体を休めるようにしましょう。もし長引くようでしたら、放置せずにすぐ医師に相談すべきです。この副作用も、ボトックスの注入量が影響してきます。また、施術で使用するボトックスの品質が影響することもあるので、良質なボトックスを使用している美容クリニックで施術を受けるようにしましょう。良質なボトックスは、副作用が起こる可能性が低いだけでなく、小顔効果の持続性が高いものもあるので安心です。

アレルギーにも注意

美容整形で使用されるボトックスは、品質検査をクリアした安全性の高いものが使用されています。そのため、滅多にアレルギー症状が出ることはありません。しかし、施術当日に体調が悪いときや、体質によってはアレルギー症状が出てしまうこともあります。施術前のカウンセリングでは、当日の体調チェックも行われますが、体質に気になる点がある方は医師に伝えておくようにしましょう。きちんと相談し、ボトックス注射の施術を受けても大丈夫かどうか、慎重に判断するべきです。アレルギー症状が出ないようにするためには、事前にボトックスの品質を確認しておきましょう。安全性の高い種類か、過去にアレルギー症状が出た事例はあるかなど、チェックしておくと安心です。また、事前のカウンセリングでアレルギー症状が出た場合、どのようなケアをしてもらえるか確認しておきましょう。しっかりと対応してもらえるか確認ができていたら、施術に対する不安も軽減できます。

Copyright© 2019 小顔になれる美容整形【ボトックス注射の効果や特性を調査】 All Rights Reserved.